FOLLOW US!

ITインフラ担当者必見!システム開発における基本設計の意味

ITインフラ/デバイス

 

ITインフラ担当者は、企業のシステム開発における要件定義や詳細設計を行う事も大きな役割です。

 

 

 

またシステム開発の中でも特に大きな意味を持つ工程が、“基本設計”です。

 

 

 

ITインフラ担当者によるシステム開発における基本設計の重要性について、システム開発の一般的な流れと共に解説します。

 

 

ITインフラ担当者が行うシステム開発の一般的な流れ

 

 

 

ITインフラ担当者によるシステム開発は、ヒアリングでクライアントが求めているシステムのイメージを掴む所から始まります。この工程は“要件定義”と呼ばれ、基本設計へと繋げる為の大事な工程です。

 

 

 

ITインフラ担当者が要件定義でまとめるのは、あくまでクライアントの要望であり、“どのようなシステム開発を行うか”という事ではありません。

 

 

 

クライアントの要望を取り入れながら、どのようなシステム開発を行うかというのが次の工程です。この工程が、ITインフラ担当者のシステム開発における“基本設計”です。ITインフラ担当者は基本設計を行い、次の工程である“詳細設計”に繋げます。

 

 

 

ITインフラ担当者は、基本設計において主に以下の項目を決定する必要があります。

  • システムを開発する目的
  • システムの使用用途
  • システムにおける機能
  • システムの動作環境
  • システムの開発方法 など

 

 

 

ITインフラ担当者は、基本設計の段階で決定した事をさらに細かく設定し、プログラミングが開始出来る状態にまで持って行きます。この工程が“詳細設計”です。

 

 

 

その後はプログラムの設計からプログラミングへと進み、プログラム1つ1つの動作をテストします。プログラムを全体のテスト、システムの最終テストが完了すれば、ITインフラ担当者によるシステム開発は完了です。

 

 

基本設計と詳細設計の違い

 

 

基本設計にも詳細設計にも共通して言えるのは、どちらもシステム開発の方向性を左右する重要な工程だという事です。

 

 

 

基本設計はシステム開発の大部分を決定する為“外部設計”、詳細設計はシステム開発の細かい内容を決定する為“内部設計”とも呼ばれています。

 

 

 

ただITインフラ担当者は、基本設計の方がシステム開発において重要な工程だと考えるべきでしょう。

 

 

 

基本設計で決定するのは、言わば“クライアントの目に見える部分”です。基本設計が上手く出来ていないという事は、クライアントの要望をきっちり反映出来ていないという事が言えるでしょう。

 

 

 

また基本設計自体にミスがあった場合、詳細設計から立て直すというのは基本的に不可能です。

 

 

 

従って、基本設計はシステム開発の大部分を決める工程とは言え、決して大雑把にならず慎重に1つ1つの項目を決めて行く必要があるのです。

 

 

Share
タグ: , , ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

オンライン会議を効率化する、新しいシステムとは?

無償サポートが終了したJavaを使い続けると危険?

国内企業における、IT投資の動向と今後の課題について

AI・医療

日本でもAIが医療に参戦!今後の医療はどう変わっていく?

情シスの必要性が問われる中、必要性を高めるには?

FOLLOW US!