FOLLOW US!

ITインフラの整備で働き方改革の課題を解決出来る?

ITインフラ/デバイス

 

業種を問わず、企業では働き方改革の実現に向けた動きが進んでいます。

 

 

ただ働き方改革は、ITインフラ等の企業体制がしっかり整っていないと実現出来ないという課題を抱えています。

 

 

ITインフラをどのように整備すれば、働き方改革の課題はなくなっていくのでしょうか?

 

ITインフラの整備と働き方改革の関連性

 

 

企業のITインフラが整っていれば、働き方改革はほぼ全ての企業で実践出来るでしょう。

 

 

 

理由は簡単です。 業務の効率化にはITインフラが必要不可欠であり、働き方改革は業務の効率化によって実現出来る為です。企業内におけるITインフラはもちろん、近年はテレワークを導入する企業も増加しています。

 

 

 

テレワーク自体が働き方改革の一環として取り入れられている場合も多いですが、このような動きをさらに精度の高いものにするには、ITインフラの体制を充実させる事が重要でしょう。

 

 

働き方改革の為にITインフラを整える際の課題とは?

 

 

ITインフラの整備は、働き方改革の“企業体制が整っていないと実現出来ない”という課題を解決出来ると解説しました。

 

 

 

ただ働き方改革の為にITインフラを整える際にも、企業が直面する課題があります。例えば働き方改革の為にITインフラを整備するという事は、ITインフラを再構築しなければいけない事になります。

 

 

 

ITインフラを再構築する際の課題は、“セキュリティ性の低下への懸念”です。ITインフラの再構築において新しいツールを導入する場合、これまで利用した事がないツールの為、セキュリティ性の確保が難しくなります。

 

 

 

これまで安全に運用してきたITインフラであれば、セキュリティの安全性が確保出来る為、新しいツールの導入をためらう企業も少なくありません。その結果、なかなか働き方改革実現の為のITインフラが整備出来ないという状況に陥ります。

 

 

 

またセキュリティ性低下の懸念だけでなく、新しいツールに明確な革新性が見出せない限り、思い切った導入には勇気がいるでしょう。

 

 

インフラの整備による働き方改革実現への効果を確かめるには?

 

 

働き方改革の課題を解決する為にITインフラを整備しても、短期間では効果が現れない場合がほとんどです。

 

 

 

そういう状況になると、ITインフラ担当者は苦労しているにも関わらず、功績が認められない事になりかねません。

 

 

 

働き方改革実現への効果を確かめるには、企業内で事業の効率化に関するアンケートを取り、定期的に効果を測定する事をおすすめします。コミュニケーションの取りやすさ向上、移動時間の短縮、事業の時間短縮と質の向上に関した効果を測定すれば、企業が向かっている方向を把握出来ます。

 

 

 

少しでも良い方向に向かっている事が分かれば、ITインフラの整備で働き方改革の課題が改善されている事が証明出来るでしょう。

 

 

Share
タグ: , , ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

オンライン会議を効率化する、新しいシステムとは?

無償サポートが終了したJavaを使い続けると危険?

国内企業における、IT投資の動向と今後の課題について

AI・医療

日本でもAIが医療に参戦!今後の医療はどう変わっていく?

情シスの必要性が問われる中、必要性を高めるには?

FOLLOW US!