FOLLOW US!

IoTビッグデータ

IoTに必須のビッグデータ!どのくらい大きいのか?

IoT

IoTでは、多くのデータを扱うことになります。

そのデータのことをビッグデータと呼んでいますが、これは実際にどのくらいの大きさとなるのか、ご存知でしょうか?

IoTでは必須となるビッグデータについて知るために、ビッグデータとは実際どのようなものなのかを解説します。

 

イメージとは違う?

 

それではまず、ビッグデータのサイズについて考えてみましょう。

今では、家庭用のパソコンでもギガバイトサイズのハードディスクは当然で、テラバイトサイズも珍しいものではなくなっています。

 

では、ビッグデータはそのさらに上なのかというと、そういうわけでもないでしょう。

様々なデータがハードディスクに納められるようになっている現在では、国民の情報もハードディスクに納められ、病院でもカルテが電子化されて膨大な量のデータとなっています。

店舗の売り上げデータから、不動産での取り扱い物件データまで、多くのデータが扱われている中で、特にビッグデータと呼ばれるのはなぜでしょうか?

 

ビッグデータの正体とは?

 

ビッグデータといわれるものはどういうものなのか、IoTで扱うデータから考えてみましょう。

IoTは多くの分野で普及しているのですが、そのデータの種類を考えた場合、それぞれの分野で異なっているというわけではないのです。

 

IoTで扱われているデータというのは、型にはまらないデータです。

例えば、エクセルなどの表計算データの場合は、その形式が限られています。

そこに含まれているデータというのも、きちんと規則性をもって整理されたものとなるでしょう。

 

しかし、IoTで扱われるデータには、その規則性が存在しません。

視覚情報を文章化したデータもあれば、そのまま画像にしたデータも含まれ、また位置情報や音声、自国データなど、1つのデータごとに異なる情報が含まれるので、まとめるのはおおよそ不可能でしょう。

このようなデータのことは、非構造化データといわれています。

 

また、そのデータは何らかの目的に沿って作られるものではなく、自然に発生しているものです。

その情報をデータという形式にして分析を可能としたからこそ、ビッグデータというものが生まれたのです。

 

いうなればビッグデータは、雑多に情報が詰め込まれた大きな箱です。

無駄なものも多く、また同様の規格ではないため隙間だらけとなっているもので、そのままでは必要な情報を探すのも一苦労です。

そのデータを分析して、必要な情報を抽出したり、他の情報と結びつけたりすることができるようになったからこそ、IoTにおいてビッグデータは必須のものとなったのです。

 

つまりビッグデータというのは、単に容量が大きいデータというわけではなく、常に生み出される多岐に渡るデータのことであり、その分析方法までも含めてビッグデータとなるのです。

このデータは、今すぐに役立つことは少ないのですが、次世代の技術において活かされるものとなるでしょう。

 

まとめ

 

ビッグデータというと、大容量のデータが思い浮かぶかもしれませんが、実際とは異なります。

確かにデータとしては大きいものですが、それよりも多様性に富んだ、様々な種類のデータの集合体がビッグデータといわれるものであり、またそのデータを分析する方法までも含めてビッグデータとして扱われます。

ビッグデータは、IoTが次世代においてさらなる進歩を遂げるための重要なデータという事ですね。

Share
タグ: ,

関連記事Related Post

IoT税制

企業のIoT導入を後押しする!IoT税制とはどういうものか?

IoTの構成

IoTの仕組みを理解しよう!IoTを構成しているのは?

IoT国内サービス

生活の中に広まるIoT!国内ではどんなサービスがある?

IoT海外サービス

生活の中に広まるIoT!海外ではどんなサービスがある ?

IoTビッグデータ

IoTに必須のビッグデータ!どのくらい大きいのか?

FOLLOW US!