FOLLOW US!

AWS(Amazon Web Services)の基礎知識やメリットを知っておこう!

クラウド(AWSなど)

 

Amazonが提供しているWebサービス全般を指す言葉である“AWS(Amazon Web Services)”は、これからますます利用する企業が増える事が予想されています。

 

 

本記事を読んで頂けば、まだ利用していない企業も利用を検討する事になるでしょう。

 

AWS(Amazon Web Services)の基礎知識

 

 

AWSの基礎知識として、まず利用によってどんな事が可能になるのかを把握しましょう。

 

 

 

  • Webサイト構築

AWSを利用する事で、負荷をかけすぎる事なく快適に運用出来るWebサイトの構築が可能です。

 

 

 

モニタリングサービス(Amazon CloudWatch)を利用すればWebサイトの負荷に関する通知が届くので、迅速な対処が可能になりサーバダウンが起こる心配もありません。

 

 

 

また災害対策等のバックアップサービスも充実しています。

 

 

  • ビッグデータ分析システムの構築

AWSでは、ビッグデータを分析する為に必要なシステムの構築が可能です。

 

 

 

またビッグデータの保存に利用できるストレージも充実しており、柔軟に容量を変更する事も出来ます。

 

 

  • IoTプラットフォームの構築 

AWSは社内のIoTデバイスからデータを集め、クラウドへと移行させる為のIoTプラットフォームとしても機能します。

 

 

 

  • 企業業務アプリケーション環境、企業ネットワークの構築

AWSでは社内における業務アプリケーションの環境、さらには企業のネットワークで使えるファイルサーバの構築が可能です。

 

 

 

  • AWSサービスを管理する為のサービス

上記以外にも、AWSでは様々なサービスが提供されていますが、それぞれのサービスをきちんと管理する為のサービスまでも提供されています。

 

 

 

このサービスによって、複数のサービス管理が難しくなるという状況を防いでくれます。

 

 

AWS(Amazon Web Services)利用でどんなメリットがあるのか?

 

 

多種多様なWebサービスが利用出来るのも、もちろんAWSのメリットの1つです。ただそれ以外にも、AWSを利用するメリットはたくさんあります。

 

 

 

AWSの利用は、基本的に初期費用が必要なく、さらに“従量課金制”となっています。

 

 

 

つまり利用した分にしか料金は発生しないので、企業のコスト効率が非常に良くなるのです。

 

 

 

コスト上限を最初から設定しておけば、想定外の支出が出る事はまずありません。

 

 

 

またAWSは、非常に信頼性が高い所もメリットでしょう。AWSを提供するAmazonは、サービスの幅が広いだけでなく、大きなトラブルの発生がない事でも有名です。

 

 

 

そしてAWSには、他のWebサービスにはない“対応力”もあります。

 

 

 

例えば現在利用しているサーバの規模を大きくしたいという場合、これまでの方法では長い時間、多くの導入コストが必要でした。AWSを利用すれば、時間もコストもかけず、多様化を続ける企業のニーズに対応してくれます。

 

 

 

ここまで解説したAWSの基礎知識やメリットを踏まえて、ぜひ1度利用を検討して頂きたいと思います。

 

 

Share
タグ: , , ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

パソコンの設定が簡単にできる便利なツールを活用しよう

知っておくべき新しい用語!FedRAMPというのはどういう意味?

Go言語の特徴・メリット・デメリット

Go言語の特徴やメリット、デメリットを知っておこう

データセンター

クラウドの利用が増える中、データセンターが生き残るには?

マルチクラウド

クラウドサービスを導入する前に!マルチクラウドを考えよう!

FOLLOW US!