FOLLOW US!

進化を続けていく機械学習系AIのアップデートとは?

AI

ネバダ州ラスベガスにおいて、2018年11月26日から30日にかけて「AWS re:Invent」が開催されました。

機械学習系AIの様々なアップデートが発表されましたが、具体的にはどのような内容だったのでしょうか?

今回は、アップデート内容の中でも、特に注目される機能についてご紹介します。

 

 

便利な機能を使えるAI技術

 

 

まずは、様々なアップデートの中から、便利な機能を使えるAI技術を紹介します。

Amazonと同じAI技術を使って、APIを経由した時系列データの予測を利用できるサービスである「Amazon Forecast」は、時系列データによる予測を機械学習の経験がなくても可能にします。

 

同様に、API経由でAI技術を利用できるサービスのAmazon Personalizeもあります。

Amazonのパーソナライズ技術を利用できるため、注目度は非常に高いといえるでしょう。

 

また、機械学習を用いたクラウドソフトウェアで、患者の記録の中から迅速に重要なインサイトを見つけ出すことができる、Amazon Comprehend Medicalも発表されています。

アメリカの医療情報に関係した法律に適合していて、すべてのデベロッパーが初期費用不要で高度な医療テキスト分析ができます。

ドキュメントをスキャンして、そのテキストやデータを自動的に検出して抽出するサービスであるAmazon Textractは、文書を読み取るだけの通常のOCRとは異なり、その文字列が持っている意味まで分析します。

これまでであれば人間が行っていた、抽出した文字列の内容までAIが判断してくれるため、紙文書からデータ入力する作業がよりはかどります。

このように、機械学習系AIを利用した様々なサービスが発表されましたが、サービス以外のアップデートも発表されています。

 

 

ユニークなアップデートをご紹介!

 

 

ユニークなアップデートとしては、AWS DeepRacerというものがあります。

 

これは1/18スケールのレースカーなのですが、トライ&エラーを繰り返しながら精度が高いモデルを獲得する強化学習という方法を、手軽に導入することを目的としている自動運転車です。

シミュレーター内でモデルを訓練して、そのモデルをダウンロードして現実に試すことができます。

自動運転レースの開催も発表されているので、今後ますます有名になるでしょう。

 

ロボティクスアプリケーションの開発やテストなどを容易にするAWS RoboMakerは、開発環境に生じる各ステップの作業を省略することができるので、アプリケーション開発もスムーズになるでしょう。

他にも様々なものが開発され、アップデートに含まれています。
このような機能が広まっていき、今後もさらにAIは進化していくでしょう。

 

 

まとめ

 

 

AIの開発は、今や世界中で進められていて、エンジニア向けの機能もあれば特にAIの知識がなくても使えるような機能もどんどん生まれています。

中にはユニークなものや、身近に利用できるサービスなども含まれているため、こうしたサービスや機能を使いこなすことでAIの機能はさらに進化していくでしょう。

様々な場面で、AIを便利に使っていきましょう。

Share
タグ: , ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

需要が高まりつつあるPythonについて知っておこう

政府が考える、正しいAI人材の育成における正しい理解

ヘルスケアアプリはAIによって進化を遂げ、簡単に使えるようになる!

機械学習で注目されるキーワードは、オンデバイス!

ロボット・婚活・サポート

ロボットが婚活をサポート?婚活に新しい試みが登場!

FOLLOW US!