FOLLOW US!

社内の情報システムの障害にはどのような備えが必要か

ITインフラ/デバイス

業務にパソコンを使うことが多い現在は、社内に情報を共有するための社内ネットワークなどの情報システム構築されていることも珍しくないでしょう。

 

 

しかし、この情報システムに障害が起こった場合は、業務がストップしてしまう可能性があります。

 

 

情報システムの障害に対しては、どのような備えをしておくべきでしょうか?

 

 

情報システムの障害に対する備えは?

 

 

それでは、情報システムの障害とは、具体的にどのようなことが起こるのでしょうか?また、それに対してはどのような備えが必要となるのでしょうか?

 

 

情報システムの中でも深刻な障害となるのは、ITインフラの停止です。ITインフラというのは、使用するパソコンやネットワーク回線など、パソコンを使う上で必要な部分を指します。

 

 

このITインフラがシステムの基礎的な部分を担っていることになるのですが、そこに障害が発生してしまうと情報システム全体の稼働が停止することになります。

 

 

その備えとしては、ITインフラを監視するなどの対策が必要となります。
何かしらシステムに障害が発生したときに、迅速にその現認を発見して対処する必要があります。また、業務が停止してしまった場合は、社内にかなりの混乱が生じることとなるでしょう。

 

 

そのため、システム障害が起こった際は社内に対してどういったことを通達していくか、あらかじめ文面などを考えておいたほうが混乱も少なく抑えることができます。

 

 

情報システムの障害に備えた体制作りを

 

 

情報システムに起こりうる障害に備えるためには、最初から障害が起こることを前提とした体制作りをしていくべきです。

 

 

最近では、情報システムの保守についてアウトソーシングしている企業も増えているのですが、やはり管理を外部に任せてしまった場合はいざというときの対処が遅れてしまい、また災害などで複数企業の情報システムで同時に障害が起こった場合には、手が回らなくなることもあります。

 

 

しかし、会社内に情報システム部がある場合は、障害が起こった際にはすぐに対処が可能となり、また他社の状況に関係なく自社のシステムを最優先に復旧することができます。

 

 

譲歩システム部がすでにある企業でも、そのスキルが伴っていない場合があるので、不安が残る場合は一度外部のアドバイザーに頼って研修や体制の見直しなどを行うのもいいかもしれません。

 

 

現在は情報システム部を軽視している企業もあるのですが、ITシステムの重要性が増している現在は情報システム部の価値を見直すべきでしょう。

 

 

まとめ

 

 

企業で使われる情報システムは、障害が起これば多くの業務が停止する可能性があります。

 

 

そのため、情報システムの管理については十分に注意して、いざというときにはすぐに復旧できるよう備えておくべきでしょう。

 

 

そうなると、保守管理をアウトソーシングしている場合に対処するまでの時間が遅れてしまいかねません。

 

 

それを防ぐためには、自社の情報システム部で保守管理が行えるような体制作りをしておくのがおすすめです。

Share
タグ: , ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

オンライン会議を効率化する、新しいシステムとは?

無償サポートが終了したJavaを使い続けると危険?

国内企業における、IT投資の動向と今後の課題について

AI・医療

日本でもAIが医療に参戦!今後の医療はどう変わっていく?

情シスの必要性が問われる中、必要性を高めるには?

FOLLOW US!