FOLLOW US!

知っておくべき新しい用語!FedRAMPというのはどういう意味?

クラウド(AWSなど)

新しい技術などが登場していく中で、それに伴う新しい用語なども次々に登場しています。
ビジネスシーンなどで登場することも多いので、常にチェックしておかなくてはいけないでしょう。
今回は、新しい用語の1つであるFedRAMPについて解説します。

FedRAMPとは?

クラウドサービスについての説明で、FedRAMPという言葉を耳にすることがあります。
これは、どのような意味があるのでしょうか?

FedRAMPは、米国政府でのクラウドサービスの調達基準のことであり、Federal Risk and Authorization Management Programの略です。
2011年に、クラウドサービスとそれに伴う商品のセキュリティについて、そのコントロールと評価に関しての標準アプローチとして制定されたものです。

これは米国政府全体のプログラムとなっていて、FedRAMPの認証を受けて登録してあるサービスは、各省庁で調達評価を受ける必要がなくなり、サービスの提供や各省庁間での利用などが可能となるのです。

クラウドサービスプロバイダーは、米国政府にそのサービスや製品を登録するためにまずはFedRAMPに準拠していることを証明しなくてはいけません。
そして、そのことが立証できるようであれば、一般の利用者にとっても安心して使うことができるという証明になるのです。

FedRAMPの重要性

現在、多くの企業ではクラウドサービスを利用しており、もはやビジネスでは欠かせないサービスといえるでしょう。
以前はただデータを預かるだけという印象もありましたが、今ではクラウド上でのアプリケーション利用やスマートフォンとの連携など、様々に活用されています。

しかし、クラウドサービスを提供する業者は多いので、どの業者を利用すればいいか悩んでいる企業も多いでしょう。
その時に、安全性などの証明として注目されるのが、FedRAMPです。

米国政府では、クラウドサービスを積極的に利用する反面、高いセキュリティ基準を満たすことをプロバイダーに求めています。
政府基準のセキュリティ水準を満たしているプロバイダーなら、一般の企業も安心して利用できるでしょう。

今後、このFedRAMPは国際基準として採用されることが想定されていて、日本でもすでに政府が日本版のFedRAMP創設を明言しているため、国内でも今後ますます注目されていくでしょう。

まとめ

クラウドサービス関連の用語として新たに登場したFedRAMPは、米国政府が定めたセキュリティ基準等をクリアしているかどうかを示す目安となるものです。
この基準をクリアしていると、米国政府の各省庁はそのサービスを利用できるのですが、今後この基準は世界的な基準とされる可能性が高く、日本でもそれに準拠した日本版FedRAMPの制定を考えています。
クラウドサービスのセキュリティをチェックするためにも、FedRAMPに注目してみましょう。

Share

関連記事Related Post

パソコンの設定が簡単にできる便利なツールを活用しよう

知っておくべき新しい用語!FedRAMPというのはどういう意味?

Go言語の特徴・メリット・デメリット

Go言語の特徴やメリット、デメリットを知っておこう

データセンター

クラウドの利用が増える中、データセンターが生き残るには?

マルチクラウド

クラウドサービスを導入する前に!マルチクラウドを考えよう!

FOLLOW US!