FOLLOW US!

次世代インターネット接続環境のIPoEとは一体なに?

ITインフラ/デバイス

情報システム関連の用語は、次々と新しいものが誕生していきます。

その一つとして「IPoE」という用語があるのですが、これは果たして何の事なのでしょうか?

IPoEの意味や、使い方について紹介していきます。

 

 

IPoEとは?

 

IPoEというのは、インターネットの接続方式の事です。

今までにも、PPPやPPPoEといった形式があったのですが、その新しい接続方式であり、IPv6ネットワークで利用されています。

 

 

IPoEはIP over Ethernetを略したものです。

これまでの接続形式であるPPPではプロバイダーを介して電話回線からダイヤルアップで接続していたのですが、その後ADSLが登場してPPPoEが一般的になりました。

ただし、PPPoEの場合はプロバイダー側の設備がボトルネックとなって速度の低下などが起きる点が問題となっています。

 

 

新しく登場したIPoEは、最初からLAN規格のイーサネットに合わせて考えられているもので、PPPoEとは違って専用のモデムなどの通信機器がなくても接続できるようになっています。

 

 

どのように接続するかといえば、VNEといわれる仮想通信提供事業者を介してインターネットへと直接つながります。

そのため、PPPoEのようなボトルネックが生じる事はなく、常に高速で接続できると考えられています。

 

 

また、PPPoEとは異なる経路での接続となる為、IPoEとPPPoEは互いに干渉する事はないので、PPPoEの速度を向上させる事にもつながります。

すでにIPoEへの切り替えが進んでいますが、現在は接続できる事業者が少ないという点がネックとなっています。

 

 

IPoEのメリットやデメリットは?

 

IPoEによる接続によって生じるメリットやデメリットには、どのようなものがあるでしょうか?

メリットとデメリットを知っておき、より便利にIPoEを使いこなしましょう。

 

 

IPoEのメリットとしては、設備が不要なので工事が特に必要ない事や、認証不要で接続できる事などが挙げられます。

また、混雑時にもスムーズな接続が可能であり、クラウドサービスなどを利用する際の大容量な通信を行う際も、品質を落とす事なく接続できます。

 

 

その一方、デメリットとしてはIPv6での通信にしか対応していないので、これまでのIPv4に対応したWebサービスには接続できない点が挙げられます。

今はまだIPv4からIPv6への過渡期なので、IPv6で接続したもののWebサービスが利用できない、という可能性もあります。

 

 

こうしたメリットとデメリットがあることを踏まえた上で、IPoEを利用していきましょう。

 

 

まとめ

 

現在、通信方式は従来のPPPoEからIPoEへと切り替わりつつあります。

IPoEはIPv6対応の通信方法で、これまでよりも高速での通信が可能となり、また特別な機器なども必要ありません。

しかし、まだ対応している通信事業者が少ない事や、対応していなWebサービスが多い事などのデメリットがあるので、切り替えには注意が必要となるでしょう。

IPoEに切り替える場合は、時期を見計らってからにしましょう。

Share
タグ: , ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

オンライン会議を効率化する、新しいシステムとは?

無償サポートが終了したJavaを使い続けると危険?

国内企業における、IT投資の動向と今後の課題について

AI・医療

日本でもAIが医療に参戦!今後の医療はどう変わっていく?

情シスの必要性が問われる中、必要性を高めるには?

FOLLOW US!