FOLLOW US!

政府が考える、正しいAI人材の育成における正しい理解

AI

日本政府は、国家AI戦略案をまとめて統合イノベーション戦略推進会議で発表しました。
その中で4つの戦略が示されていますが、政府ではどのようにAIの活用を考えているのでしょうか?
また、そのために必要なAI人材の育成についても、解説します。

政府が考える戦略

政府がAIについて考える戦略は、4つに分けられています。
その第一段階である人材育成は特に注目するべき点で、全ての大学と高専の卒業生約50万人が初級レベルのAIや数理、データサイエンスを習得していることを目指し、その上で一定規模の大学卒業生約25万人が専門分野での応用基礎力を習得していることを目指すとされています。

その習得した知識を持って第2段階である産業競争力を得て、さらに第3段階では理念を実現するための技術体系を確立・運用することを目指し、そして国際的なAI研究等のネットワークを構築することを最終段階としています。

その実現に向けた教育改革は、小学生の段階から始められることとなり、全ての世代においてAI人材の育成を目指すことを明らかとしています。
特に、高校では情報という科目が増やされ、大学入試の時点でAIに関連する知識を問われるようになると想定されています。

AI人材育成について

AI人材育成については、政府の中でも特に経済産業省が深く関わっています。
AIではデータ活用が盛んに行われますが、その際に注意するべき点は倫理だとされていて、データ利用に関する契約ガイドラインなどもまとめられています。

AI人材の育成において、特に重要と考えられているのが疑似経験です。
ハーバードビジネススクールで行われているものをデータで行うというもので、データを持つ大手企業と、技術や人材を抱えるベンチャー企業とをつなげるための取り組みなども同時に行われています。

しかし、AIそのものの定義がまだはっきりとしていない中で、AI人材の育成という点を疑問視する声もあります。
そんな中で懸念されるのが、とりあえずAIというキーワードを盛り込むことで注目を集めようとする行為です。

もしもきちんとしたAIを使っていないのに、AIと銘打っている業者が横行した場合、AIそのものの価値も疑われかねません。
そのために、G検定を実施するなどきちんとした人材を育成していき、えせAIが横行しないようにするのが政府としての考えです。

まとめ

AIは、多くの分野で活用され現在広く注目を集めている技術です。
しかし、AIそのものの定義がはっきりとしていないことから、きちんと学習できないものでもとりあえずAIというキーワードを盛り込んで注目を集める業者などが現れるのではないか、という懸念を政府が抱いています。
そうならないよう、政府は、きちんとしたAI人材を育成しようと考え、同時に学校でAIについて学ぶことができるような環境づくりを目指しています。

Share

関連記事Related Post

需要が高まりつつあるPythonについて知っておこう

政府が考える、正しいAI人材の育成における正しい理解

ヘルスケアアプリはAIによって進化を遂げ、簡単に使えるようになる!

機械学習で注目されるキーワードは、オンデバイス!

ロボット・婚活・サポート

ロボットが婚活をサポート?婚活に新しい試みが登場!

FOLLOW US!