FOLLOW US!

情報システム部門への負担問題を改善する方法とは?

ITインフラ/デバイス

 

企業の情報システムを構築・改善する役割として欠かせないのが、情報システム部門の担当者です。

 

 

ただ近年、企業における情報システム部門への負担が大きくなっている事が問題視されていました。

 

 

“働き方改革”も認知されるようになり、少しずつ働きやすい環境が整備され始めた昨今ですが、情報システム部門への負担はどうすれば改善出来るのでしょうか?

 

 

また、なぜ情報システム部門の負担が大きくなっているのかも解説します。

 

なぜ情報システム部門の負担が大きくなっているのか?

 

 

企業における情報システム部門の負担が大きくなっている原因はいくつかあります。

 

 

 

まずは、“一人情報システム”です。IT活用の重要性認識不足からくる過剰な業務負担や相談できる人が社内にいないための過剰な心理的負荷等が挙げられます。

 

 

 

多くの企業が新しいIT技術への対応の遅れ等が課題となっているようです。

 

 

 

もう1つは、“ITインフラに関する知識が乏しい企業が多い”という理由です。
このケースは特に中小企業に多く、ITインフラに関する業務をほとんど情報システム部門に一任してしまっているというケースです。
もちろん他の部門はITインフラの専門家ではありませんので、多少は致し方ないと思います。

 

 

 

また情報システム部門の担当者には、ITインフラの整備や構築を先導し、企業全体のレベルを底上げするという役割もあります。
それでも、他部門のフォローばかりに回っていては、必然的に情報システム部門の負担が大きくなります。
ましてやこれは一方通行のフォローの為、他の部門と相互に補填出来る関係でもないのが問題なのです。
また近年は、部門単位ではなく企業単位で情報システムの構築を行う所も増えています。

 

 

 

情報システム部門は、最終的にこれらの構築を一元化する役割も担っています。
ただ元々は部門ごとに役割を果たしていた為、情報システムの一元化という作業がメインの役割だったのです。
つまり元々メインだった作業以外に、企業単位で情報システムを作り上げる事にも時間を割かないといけないという状況になっているのです。

 

 

どうすれば情報システム部門の負担問題を改善出来るのか?

 

 

情報システム部門の負担問題は深刻ですが、改善する方法はあります。

 

 

 

まず1つは、“企業全体の業務フローを見直す”という方法です。
これも中小企業に多いのですが、情報システム部門への負担が大きくなっている理由をしっかり把握していないという企業があります。
各部門が業務フローの見直しを行えば、情報システム部門の負担へと繋がる業務が非常に多い事が分かるでしょう。

 

 

 

もう1つは、“企業内のネットワークトラブルを減らす”という方法です。
情報システム部門が担う大事な役割として、企業内で発生したITインフラにおけるトラブル解決があります。

 

 

 

情報システム部門の役割なので仕方ない部分はありますが、なるべくこのトラブルを減らす事が出来れば、必然的に情報システム部門の負担問題は改善出来ます。
ネットワークトラブルのアウトソーシング化等を検討すれば、企業全体で情報システム部門をフォローする事が出来るでしょう。

 

 

Share
タグ: ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

オンライン会議を効率化する、新しいシステムとは?

無償サポートが終了したJavaを使い続けると危険?

国内企業における、IT投資の動向と今後の課題について

AI・医療

日本でもAIが医療に参戦!今後の医療はどう変わっていく?

情シスの必要性が問われる中、必要性を高めるには?

FOLLOW US!