FOLLOW US!

情報システムに変化する為の企業の取り組みとは?

情報システム

 

これまでの情報システムにおける企業の取り組みは、どちらかと言うと“守り”の部分が重視されてきました。

 

 

ただ近年、情報システムにおける重要な企業の取り組みは、“企業の問題解決を促す情報システムの提供”へと変化しています。

 

 

もちろんコスト削減等の課題を軽視している訳ではありませんが、企業の取り組みにはある程度“攻め”のエッセンスを加えなくてはいけないのです。

 

 

このような情報システムの変化に対して、企業は具体的にどう対処すればよいのでしょうか?

 

情報システムの変化に対応出来ていない日本の企業

 

 

実は日本の企業は、前述の様な情報システムの変化に対応出来ていないケースが特に多いです。

 

 

 

“ガードナージャパン”による企業のアンケートによると、日本の企業が情報システムにおいて1番重要視しているのは、“マネジメントとガバナンスの改善”とされています。
ただ日本を除く各国の企業では、先ほども紹介した“企業の問題解決を促す情報システムの提供”を1番重要と捉えられているのです。

 

 

 

このアンケートで、日本企業は世界規模で見ると少し感覚にズレがある事が分かります。
これは企業全体のグローバル化が進んでいる事を鑑みても、日本が取り組みを少しずつ変化させなくてはいけないという事でもあります。

 

 

 

参考: ガードナージャパン プレリリース

 

 

世界基準に合わせる為に必要な日本企業の取り組みとは?

 

 

これまでの日本の情報システム部門は、自社で開発されたシステムを自社で保守点検する事が当たり前で、それが主な役割でした。

 

 

 

近年はクラウドサービスや外部委託等により、自社のシステムの保守点検を主な役割とする情報システム部門は少なくなっています。
情報システム部門の役割が別の部門に少しずつ流れていくという事は、当然情報システム部門の役割にも変化があります。
情報システムの管理や保守点検が効率的になったからと言って、情報システム部門の存在意義は十分にあるのです。

 

 

 

では情報システム部門は、これからどのような役割を担っていく事になるのでしょうか?
それが、先ほどの“世界基準に合わせる為の取り組み”に繋がります。
つまり企業における情報システム部門も、積極的にビジネスの成長に貢献していくべきなのです。

 

 

 

ただ、情報システム部門のみでの貢献というのはなかなか難しいでしょう。
情報システム部門は他の部門と連携を取り、企業のビジネス戦略におけるニーズを理解する所から始めましょう。

 

 

 

ITインフラにおける他部門の要望に応える等、情報システム部門もビジネス戦略に密に関わる事が出来ます。

 

 

 

情報システム部門が企業における情報システム構成の中核を担うのではなく、“ビジネスの成長”という1つの目標に向かって、全ての部門で補填し合う事が重要なのです。

 

 

Share
タグ: ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

情シスはどんなセキュリティスキルを身に付けるべき?

秘密計算

今後必要になるであろう、秘密計算について知っておこう

Windows10・アップデート・WUfB

Windows10のアップデートには、WUfBを活用しよう

コールセンターの女性の笑顔

コールセンターの新しい形!「Amazon Connect」とは?

情シスの基礎知識!情シスに重要な役職であるCISOとは?

FOLLOW US!