FOLLOW US!

便利なクラウドサービスの影に潜んでいる危険性とは?

ITインフラ/デバイス

近年では、コンピューター上で保管されるデータが増えたことでクラウドサービスを利用している企業も増えています。

 

 

しかし、クラウドサービスは便利なのですが、その影には危険性が潜んでいます。

 

 

クラウドサービスに隠れている危険性とはどのようなものでしょうか?

 

 

クラウドサービスにはどのような危険性が隠れている?

 

 

クラウドサービスというのは、ネットワーク上にデータを保管できるサービスです。非常に便利なクラウドサービスですが、そこには危険性が隠れているのです。

 

 

クラウドサービスの危険性として、まずセキュリティの問題があります。

 

 

クラウドサービスはインターネット上にデータを保管するという仕組みなので、ネットワークに接続できる環境であればいつでもアクセスが可能で、また同時に同じファイルを閲覧することもできます。その点は便利なのですが、クラウドサービスのIDとパスワードさえ分かれば誰でもそのファイルにアクセスできるという危険性があります。このIDとパスワードに対するセキュリティのレベルは、そのデータを利用する端末に依存するため、場合によってはハッキングリスクなどが高まります。

 

 

また、クラウドサービスでは閲覧できる権限の設定などができる場合もあるのですが、人為的なミスで閲覧制限の設定を間違えてしまい、外部にデータが流出する場合もあります。

 

 

クラウドサービスはそれを提供するベンダーがありますが、そのベンダーがハッキング被害を受けてしまうという危険性もあります。

 

 

クラウドサービスには、このような危険性が隠れているのです。

 

 

クラウドサービスの危険性を最小限に抑えるためには?

 

 

クラウドサービスには確かに危険性がありますが、あらかじめ知っておくことで最小限に抑えることもできます。

 

 

クラウドサービスの危険性を最小限にするためには、何よりもクラウドサービスの提供元を慎重に選ぶ必要があります。

 

 

信頼できるクラウドサービスを選ぶことで、大きくその危険性を減らすことができるでしょう。

 

 

そして、クラウドサービスの利用を前提としてITインフラをエンジニアに構築してもらうことでもその危険性は減少します。

 

 

ITインフラエンジニアは、構築だけではなく保守や運用なども行うため、任せてしまうだけで安心できます。

 

 

不安な場合は、専門家に任せるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

 

クラウドサービスというのは便利なサービスですが、利用するときはその危険性についても知っていたほうがいいでしょう。

 

 

クラウドサービスを利用する際は、セキュリティについても気を付ける必要がありますが、それ以上に信頼できるクラウドサービスの提供元を慎重に選ばなくてはいけません。

 

 

もしもクラウドサービスの利用に不安がある場合は、専門家であるITインフラエンジニアに任せるようにしましょう。

Share
タグ: , , ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

国内企業における、IT投資の動向と今後の課題について

AI・医療

日本でもAIが医療に参戦!今後の医療はどう変わっていく?

情シスの必要性が問われる中、必要性を高めるには?

次世代インターネット接続環境のIPoEとは一体なに?

農家の後継者不足をAIが解決する?~農業におけるAIの活用~

FOLLOW US!