FOLLOW US!

企業にクラウドを導入することのメリットとデメリットは?

 

クラウドサービスは現在、個人でも企業でも当たり前に使われるようになっています。

 

 

なぜ、クラウドサービスはこれほど普及しているのでしょうか?

 

 

クラウドサービスを導入することのメリットや、導入することで生じるデメリットについて紹介していきます。

 

・クラウドサービスにはどういうものがある?

 

 

クラウドサービスには、いくつかの種類があります。

 

 

 

それぞれの違いはどういった点でしょうか?

 

 

 

まず、クラウドサービスと聞いて思い浮かぶのが、データを保管するサービスです。

 

 

 

このクラウドサービスはHaaS (Hardware as a Service)やIaaS (Infrastructure as a Service )とよばれ、ハードウェアもしくはインフラとしての機能を提供するためのクラウドサービスです。

 

 

 

データをアップロードしてクラウドサーバーに預け、必要があればサーバーから取り出すためのサービスです。
現在はデータも大容量化しており、自社で保管したりメールに添付したりすることが難しくなってきたので、よく利用されているサービスです。

 

 

関連記事:ITインフラは“クラウド化”が主流になってきている

 

 

Web上で利用できるアプリケーションを提供するクラウドサービスもあり、こちらはSaaS(Software as a service)とよばれています。

 

 

 

インターネットに接続されている状態でなければ利用できないのですが、ソフトウェアやアプリケーションをいちいち購入したりインストールしたりしなくても、Webにアクセスすれば利用できるというメリットがあります。

 

 

 

また、複数の端末からアクセスして、データを引き継ぐことも可能です。
一人で作成するのではなく、複数人で協力して作成するデータなどを取り扱う際に便利です。

 

 

 

PaaS(Platform as a service)というクラウドサービスもあり、こちらはアプリケーションソフトを動かすために必要な、ハードウェアやOSなどの一式をインターネット上で利用できるようにするサービスです。

 

 

 

簡単に言うと、インターネットを利用してパソコンの中身をガラリと入れ替えてしまうようなものです。
SaaSのサービス範囲をさらに広げたものとなり、例えばWindows上でMacやLinux専用のアプリを起動したい時などに便利です。

 

 

 

クラウドサービスとひとくちに言っても、実は様々なサービスがあります。
こうしたサービスの中から、自社に必要となるものを選んで導入していくと、業務の効率が上がっていくでしょう。

 

 

・クラウドサービスを導入するメリットは?

 

 

それでは、クラウドサービスを導入することにはどういったメリットがあるでしょうか?

 

 

 

従来通り、社内にデータを保管している場合は、まずそのデータを保管するためのサーバーを用意する必要があります。

 

 

 

そのサーバーに保管されているデータを社内で共有する場合は、そのネットワークを構築するためのソフトウェアを購入、もしくは開発しなければいけません。
また、そのサーバーの保守システムを整える必要があり、セキュリティも万全にしておかなければいけないでしょう。
そうなれば、導入時にもコストがかかりますし、保守要員として人員を用意するか、もしくは外部に委託することで安くないランニングコストもかかるようになります。

 

 

 

しかし、そのデータをクラウドサービスに預けてしまえば、サーバーの導入にかかる初期費用や保守管理にかかる費用などは必要なくなります。
ソフトウェアも開発する必要はありませんし、システム導入なども不要です。
毎月の利用料は発生しますが、これも保守管理を外注する場合やそのための人員を用意する場合と比較すれば、サーバー等のハードウェアを購入する必要がないことと、資産を持つ必がない事でかなり安価になります。

 

 

 

また、社内サーバーのデータには基本的に社内ネットワークから出なければアクセスできませんが、クラウドサービスの場合は、ネット回線さえつながっていれば場所を選ばずにサービスを利用してデータにアクセスすることができます。
外出先から必要な資料やデータを確認できるため、仕事の効率も格段に良くなるでしょう。

 

 

 

外注などをする場合も、メールにデータを添付しておくるよりもはるかに安全な方法でデータの受け渡しが可能となるため、安全に仕事を依頼することができます。

 

 

 

クラウドサービスのメリットはセキュリティ面にもあります。

 

 

 

セキュリティとハッキングの進歩は常にいたちごっことなっており、セキュリティを導入した後も常に更新していかなければいけません。
常に最新のセキュリティへと更新し続けるのも大変ですし、しかしクラウドサービスの場合は、セキュリティのプロを用意しており、常に最新のセキュリティによってデータが守られています。
社外にデータを預けるのは不安、と考えている人もいますが、信頼できるサービスを選べば、むしろクラウドサービスを利用した方が安全にデータを保管できるのです。

 

 

 

クラウドサービスは、うまく利用すると様々なメリットがあります。
特にコスト面のメリットが大きいため、なるべくコストを抑えたい企業では導入されている場合が多いのです。

 

 

・クラウドサービスを導入するデメリットは?

 

 

その一方で、独自にサーバーやシステムを用意した場合と比較して、クラウドを利用することでデメリットとなる点も存在します。

 

 

デメリットにはどういった点があるでしょうか?

 

 

 

まず、クラウドサービスというのは全体を1つのパッケージとして提供しています。

そのため、それぞれの企業が希望した内容に合わせてカスタマイズする、というのが難しいのです。一般的に使用される機能は備えていても、ニッチな需要には対応しきれないことが多いため、独自性が高い内容のサービスには利用できないことが多いでしょう。
ただし、最近ではある程度のカスタマイズが可能となった、自由度の高いクラウドサービスも増加傾向にあります。

 

 

 

クラウドサービスはインターネット上で利用するサービスなので、回線が途切れるようなことがあれば利用できなくなる点もデメリットといえます。
また、システムなのでメンテナンスが必要となる場合もあり、その間も利用できません。
その点でいえば、自社で用意したものであれば社内ネットワークさえつながっていれば利用が可能で、メンテナンスも自己責任なので休みの日に行うなどの対処も可能となり、稼働率は落ちにくいでしょう。
クラウドサービスの場合は、サービスを提供する企業がサービスを終了する、もしくは倒産などによってサービスの継続利用が不可となる可能性もあります。
そういった点も考慮して利用しなくてはいけません。

 

 

 

クラウドサービスの場合は、サービスを提供する企業のサーバーにデータを預けることとなります。
セキュリティは厳重ですが、絶対に安全という訳ではないためどうしてもリスクは残ります。
場合によっては、操作ミスなどの人為的なミスからデータが漏洩する可能性もあるでしょう。
なるべくリスクを減らすために、セキュリティが信頼できるクラウドサービスを選んで利用しましょう。

 

 

 

クラウドサービスを提供する企業は複数あり、それぞれにサービス内容や料金は異なります。
満足のいくサービスを利用するためには、料金やサービス内容、セキュリティなどを十分に比較して選ばなければいけません。
もしも後から変更するとなると、全てのデータのバックアップを取り、それをまたアップロードしなくてはいけないので手間がかかります。
そうならないように、最初の選択はしっかりと行わなければ行けません。

 

 

・まとめ

 

 

クラウドサービスは企業の業務効率を上げるためにも重要なサービスですが、導入することによってメリットとデメリットがそれぞれ生じるため、導入する前にそのことをしっかりと考えておかなくてはいけません。

 

 

 

導入に失敗した、ということにならないように、よく吟味してから利用しましょう。

 

 

Share

FOLLOW US!