FOLLOW US!

企業が実践すべき正しいシステム検証の流れについて

情報システム

 

企業における重要な工程の1つに“システム検証”があります。
企業は自社で構築された情報システム、ソフトウェアシステムに問題がないかどうかをチェックします。

 

 

要件仕様通りに構築されているか、その要件に沿った機能が実装されているかどうかなどをチェックし、情報システムの品質を維持する事が目的です。
今回は企業が実践すべき正しいシステム検証について、流れとポイントを解説します。

 

システム検証の主な流れ①単体での検証

 

 

システムやソフトウェアの構築を行った後は、まず1つ1つのプログラムを単体でシステム検証します。
それぞれのプログラムやモジュールが正しく動作しているかどうかのチェックは、システム検証における基本中の基本です。
1つ1つの機能を検証出来たら、次のステップに進みます。

 

 

システム検証の主な流れ②複数での検証

 

 

プログラム単体でのシステム検証が完了したら、次は複数のプログラムを組み合わせて、再びシステム検証を行います。
単体では正常に動作していたプログラムでも、連結が上手く行かなくては意味がありません。
組み合わせるプログラムを徐々に増やしながら、細かい段階に分けてシステム検証を行います。

 

 

システム検証の主な流れ③総合的なシステム検証

 

 

システムを構築するプログラム、ハードウェアも全て含めて、最終的なシステム検証に移ります。
コンピュータ等を動作させ、想定される処理を全て実践し消化していきます。
冒頭でも触れましたが、システム検証の本来の目的は不具合を発見して修正する事ではなく、要件仕様通りにシステムが構築されているかを確認し、品質を保つ事です。
従って、これらのシステム検証が完了して当初の要件と差異がなければ、クライアントに納品する事になります。

 

 

総合的なシステム検証が1番重要!

 

 

実際のハードウェアでの動作確認も含めて実施する総合的なシステム検証は、最終的な検証の為、計画から実施まで1番高い意識を持って取り組まなくてはいけません。
総合的なシステム検証を実施する前に、まずは“システム検証計画書”を作成します。

 

 

 

計画書には検証範囲や目的、実施の方法、環境、期間などシステム検証をスムーズ且つ正確に行う為の詳細を記載しておきます。
次は計画書を元に、“システム検証仕様書”の作成に移ります。
この仕様書には、システム検証のより具体的な取り決めを記載します。
システム検証における担当者について、評価の基準等も仕様書で決定しておきます。

 

 

 

そして最後は、環境の整備です。
システム検証で動作させるハードウェアは、基本的に実際使用するものと同じ環境にしておかなくてはいけません。
本番により近いデータを用意する事で、後に思い掛けない不具合やバグが発生するという事態を防ぐ事が出来ます。

 

 

Share
タグ: ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

情シスはどんなセキュリティスキルを身に付けるべき?

秘密計算

今後必要になるであろう、秘密計算について知っておこう

Windows10・アップデート・WUfB

Windows10のアップデートには、WUfBを活用しよう

コールセンターの女性の笑顔

コールセンターの新しい形!「Amazon Connect」とは?

情シスの基礎知識!情シスに重要な役職であるCISOとは?

FOLLOW US!