FOLLOW US!

介護にAIはどう活かされる?~AIは介護業界を救うのか~

AI

人手不足に悩む業界として有名なのが、介護業界です。

重労働でありながら賃金が安いというイメージがある介護業界ですが、最近ではAIの導入が検討されて介護の在り方も変わるのではないか、と考えられています。

AIの導入によって、介護業界はどのように変わっていくのでしょうか?

 

 

介護でAIはどう活かされる?

 

介護業界というと、やりがいを感じて働く人も少なくないのですが、どうしても一般的には重労働でありながら賃金が安いというイメージがあり、かつての3K仕事のように敬遠される事も少なくありません。

そのため、常に人手不足に陥りやすい業種となっています。

 

 

そんな介護業界でも、最近ではAIを活用した方法を模索しています。

その中で最近開発されたのが、AIを利用した見守り機器です。

これはどのような機能があるのでしょうか?

 

 

実は、今までにも、ネットワークを利用した見守り機器はありました。

また、この見守り機器を利用する事で夜間に少ない人員でも目が行き届くよう、機器の導入を前提とした介護報酬の改定などもありました。

これまでの機器と、AIを利用した見守り機器ではどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

このAIが見守るのは、入所施設内でも特に目が行き届きにくい、個室の中を対象としたものです。

単なる動態センサーではなく、複数のセンサーを組み合わせる事で入所者が転倒した際に感知して知らせる事ができる他、既存の医療機器ネットワークと影響しない周波数を利用してネットワークをつなぐ事も可能です。

 

見守りの中心となるのは、個室内にあるトイレやお風呂など、特に転倒する事が多い場所であり、深夜にトイレを使用した回数や時間などはすべて記録に残り、データとして蓄積されます。

そこから夜間の睡眠状況や、病気の事などがわかるのです。

 

 

AIによって介護業界が変わる?

 

介護業界ではこれまで、深夜の人手不足といった事情から、交代で仮眠をとりながら介助や見回りを行っていました。

しかし、AIを活用する事で見回りの回数を減らす事ができる為、夜勤も多少は楽になるでしょう。

 

 

現在は、介護のためのパワードスーツなども開発されていて、介護業界では単なるマンパワーに頼らず、テクノロジーの活用が積極的に進められています。

将来的には、介護を代わりに行ってくれるロボットなどの開発も期待されています。

 

 

今回のAI開発によって、介護の現場で必要となるデータも集まりやすくなるでしょう。

その分析結果によって、また新たな技術が誕生していくのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

介護業界は、人手不足に悩む業種として有名です。

この業界では、人手不足解消はもちろん、介護の助けとなるような新技術も切実に求められています。

今回開発されたのはAIによる見守り機器ですが、今後も多くの機器が開発されていく事になるでしょう。

現在では、このように、少子高齢化のリスクを業界全体で考えていく時代となっているのです。

Share
タグ: , ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

需要が高まりつつあるPythonについて知っておこう

政府が考える、正しいAI人材の育成における正しい理解

ヘルスケアアプリはAIによって進化を遂げ、簡単に使えるようになる!

機械学習で注目されるキーワードは、オンデバイス!

ロボット・婚活・サポート

ロボットが婚活をサポート?婚活に新しい試みが登場!

FOLLOW US!