FOLLOW US!

マイクロソフトの「Power BI」でAIが身近なものに

AI

2018年11月14日、マイクロソフトは「Power BI」について、新しく利用可能となるAI機能を発表しています。

 

 

新しい技術ということもあって、どうしても難しいような印象があるAIですが、どういった機能が利用可能となるのでしょうか?

 

 

 

新しいAI機能とは?

 

 

Power BIで利用可能となる、新しいAI機能とはどのようなものでしょうか?

 

Power BIは、マイクロソフト社がリリースしているBIツールです。

BIツールというのは、企業をはじめとした様々な組織において、蓄積されているデータを分析して活用するためのツールです。

 

 

情報システム部をはじめとして、様々な部署で重要な役割を果たすツールですが、活用する為にはプログラミング知識が必要となります。

 

 

そのため、エンジニア向けのツールとなっていました。

 

 

しかし、BIツールの中でも特にセルフサービスBIという、エンジニア以外でも使えるBIツールが注目を集めている中、マイクロソフトでも誰もがPower BIを利用できるように、新しいAI機能を発表したのです。

 

 

 

その機能は、主に機械学習モデルとの連携、そして新しい分析機能、コーティングが不要な高品質の機械学習モデル作成機能などです。

 

機械学習モデルとの連携は、蓄積されたデータから特定の情報を抽出することができるAzure Cognitive Serviceと連携することで、抽出した情報を直接Power BIから扱えるようになるので、分析などを簡単に行うことができます。

 


引用元:https://ledge.ai/microsoft-power-bi-update/

 

 

新しい分析機能としては、主にKPIに対するものです。

 

KPIを設定している企業は多いのですが、そのKPIに対して影響を与えた要因などを分析することができる企業となるとごくわずかです。

 

そのため、KPIに影響した要因を業務改善に活かすのはとても難しいのです。

 

しかし、新しい機能のKey Driverによってその要因を分析する事で、要因ごとにその影響の強さなどを順位づけてみることができます。

 


引用元:https://ledge.ai/microsoft-power-bi-update/

 

機械学習モデルの作成についても、用途別にアルゴリズムや機能があらかじめ選択肢として用意されているため、簡単に作成できるようになっています。

 


引用元:https://ledge.ai/microsoft-power-bi-update/

 

こうした機能の背景には、AI技術が活用されているのです。

 

 

マイクロソフトが目指すAIの活用方法

 

 

 

マイクロソフトでは、「AIの民主化」を目標としています。

 

「AIの民主化」とは、誰もが気軽にAIツールを使えるように普及するということです。

 

現在、AIツールの多くは専門職が扱うものと考えられていますが、AIが多くの分野で普及しつつある現在では、AIをエンジニア以外でも使えるようになることが求められています。

 

その中で情報システム部などの専門家には、AIをより高度に使いこなすことができる技術が求められることになるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

AIの普及は著しく、また現在もさらにAIを活用する方法が考えられています。

 

その中で、AIは誰でも使えるものであるとともに、専門職がより高度に使いこなせるものであることが求められていくでしょう。

 

情報システム部などの専門家は、AI技術を深く理解していく必要が出てくるのではないでしょうか。

Share
タグ: ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

需要が高まりつつあるPythonについて知っておこう

政府が考える、正しいAI人材の育成における正しい理解

ヘルスケアアプリはAIによって進化を遂げ、簡単に使えるようになる!

機械学習で注目されるキーワードは、オンデバイス!

ロボット・婚活・サポート

ロボットが婚活をサポート?婚活に新しい試みが登場!

FOLLOW US!