FOLLOW US!

ベンダーマネジメントのシステムを誤解していませんか?

ベンダーマネジメント

 

ベンダーマネジメント”とは、分かりやすく言うとITシステムに必要な製品等を外部から取り入れ、企業全体を上手く管理する事を言います。

 

 

言葉にすると簡単な様に思えますが、ベンダーマネジメントはシステムをしっかり理解しておかなくては、なかなか成功しません。
今回はベンダーマネジメントにおけるシステムにおいて、誤解されがちな部分を訂正していきたいと思います。

 

ベンダーマネジメントのシステムで誤解されやすいポイント①コストについて

 

 

ベンダーマネジメントのシステムで誤解されがちなのは、製品等を外注する事によって、“コストの削減”に繋がるという考え方です。

 

 

 

この考えは100%誤りという訳ではありませんが、ベンダーマネジメントにおいてコスト削減を実現するには、それ以前の準備が必要です。
中でも委託先での“品質管理プロセス”は、発注した企業が監視出来るように必ず体系化しておかなくてはいけません。

 

 

 

またコスト削減の事を考えすぎると、製品の品質テストにおける手抜き等が発生しやすくなり、後々大きな問題に繋がる可能性も上がります。

 

 

ベンダーマネジメントのシステムで誤解されやすいポイント②委託先企業について

 

 

他にも、ベンダーマネジメントのシステムで誤解されやすいポイントがあります。
それは、“信頼性の高い企業に委託すれば問題ない”という考え方です。
例え委託先のベンダー企業が大手であっても、完璧な技術が伴っている人材はごく僅かです。

 

 

 

従って、委託先のブランド力だけを見て安心するのは安易すぎると言えます。
ベンダーマネジメントが成功する為には、高い技術力が必要不可欠です。
ただそれだけでなく、委託先企業の品質管理、リスク管理などの業務を担う人材の体制を鑑みて、委託先を選定しなくてはいけません。

 

 

 

そうしないと、発注した企業は想定外の支出を強いられる可能性もあります。

 

 

ベンダーマネジメントのシステムで誤解されやすいポイント③調達部門について

 

 

ベンダーマネジメントのシステムでは、企業における調達部門がプロセスを体系化し、効率的なベンダーマネジメントの遂行を目指しているケースが多いです。
ただ、企業の調達部門を信用しておけば、100%優秀な委託先企業に出会えるという訳ではありません。

 

 

 

ベンダーマネジメントの課題として、調達部門が上手く機能していないという現実が挙げられます。
多くの企業では、ベンダーマネジメントの中核を担う調達部門の業務内容を、委託先への発注と完了手続きのみに限定しています。

 

 

 

ただこの体制だと、調達部門はベンダーマネジメントにおいて最も重要である“開発段階の品質管理”や“リスク管理”には関与していない事になります。
つまり調達部門がベンダーマネジメントシステムの全てに携わっている訳ではないという事です。

 

 

 

企業は調達部門が担う業務の多様化を検討するか、複数の部門をベンダーマネジメントに関与させて、総合的な判断をする必要があるのです。

 

 

Share
タグ: ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

Windows10に搭載されているセキュリティ、BitLockerはとっても便利!

プロジェクト成功の為のベンダーマネジメント戦略とは?

ベンダーマネジメントのシステムを誤解していませんか?

ベンダーマネジメントインベントリーの仕組みを解説!

FOLLOW US!