FOLLOW US!

ヘルスケアアプリはAIによって進化を遂げ、簡単に使えるようになる!

AI

健康に気を遣う人に人気のヘルスケアアプリですが、一方で小まめに入力することが面倒で途中で辞めてしまう人も多いでしょう。
しかし、AIによって進化を遂げることで、こうした面倒なことから解放されるようになります。
ヘルスケアアプリは、どのように変わっていくのでしょうか?

ヘルスケアアプリの面倒な点

ダイエットや病気予防などの目的で、ヘルスケアアプリを使ったことがある人は多いでしょう。
しかし、途中で辞めてしまったという人も少なくはないと思います。

ヘルスケアアプリを利用すると、毎日の睡眠時間や運動時間、食事の内容などをすべて自分で入力しなくてはいけませんでした。
しかし、実際に入力を続けていてもふとした拍子に忘れてしまったり、どうしても食事の内容が思い出せなかったりすると、利用を続けるのが面倒になってしまいがちです。

ヘルスケアアプリを利用するにあたって、この入力作業がいわば最大のネックとなるのですが、AIを活用することでこのネックが大幅に解消されるのです。
具体的には、どう変わるのでしょうか?

AIを活用すると

既に開発されているAIを搭載したヘルスケアアプリでは、まず情報の入力をチャットボットで行います。
会話形式で入力できるので、入力作業があまり苦にはなりません。

食事の内容については、食事を撮影してその画像をアップロードすると、AIが画像認識で自動的にメニューを判別してくれます。
ユーザーは、その中で間違っている料理がある場合に訂正するだけでいいのです。

画像の認識率は、かつては似たような機能を備えたアプリもありましたがその正答率がかなり低いものでした。
しかし、今回開発されたアプリではあらかじめかなりの量の料理を学習させていて、キャベツのグラム単位での違いなども認識できるようになっています。

同様に、睡眠時間の入力についてもAIがサポートしてくれるので、毎日の睡眠時間を正確に思い出そうとする必要性は無くなりました。
そして、AIのサポートによって入力率が向上した結果、アプリの利用継続率も大幅に高くなっています。

今や、医療分野でもAIが活用される機会が増えつつありますが、それと並んで個人的に健康を考えるヘルスケアアプリでも、AIが活用される時代となってきました。
今後は、医療に使われるAIとの連携なども考えられるかもしれません。

まとめ

ヘルスケアアプリは、AIを活用することで進化を遂げ利用しやすくなっています。
特にネックとなる入力作業の煩雑さも、AIのサポートによって簡単になり、食事の内容も画像を送るだけとなっています。
既に開発され、現状でも一定の精度を保っているアプリですが、AIが多くのことを学習していく中でその精度はさらに高くなっていくでしょう。
さらに、他のアプリとの連携などもできるようになれば、益々便利になっていくのではないでしょうか。

Share

関連記事Related Post

需要が高まりつつあるPythonについて知っておこう

政府が考える、正しいAI人材の育成における正しい理解

ヘルスケアアプリはAIによって進化を遂げ、簡単に使えるようになる!

機械学習で注目されるキーワードは、オンデバイス!

ロボット・婚活・サポート

ロボットが婚活をサポート?婚活に新しい試みが登場!

FOLLOW US!