FOLLOW US!

プロジェクト成功の為のベンダーマネジメント戦略とは?

ベンダーマネジメント

 

近年は、一部のプロジェクトもしくは業務上必要となるサービスなど、ビジネスプロセスの一部を外部に委託するアウトソーシングを行う企業も増えつつあります。

 

 

適宜事業をアウトソーシング化する事が一般的になった昨今、適切なベンダーマネジメント戦略は、プロジェクト成功の大きな鍵を握っていると言えます。

 

 

 

今回解説するのは、プロジェクトを成功させる為のベンダーマネジメント戦略です。ベンダーマネジメントとは、目的やリスクヘッジを細かく計画するのが重要な方法なのです。

 

 

プロジェクトが成功するベンダーマネジメント戦略とは?①アウトソーシング化の目的

 

 

プロジェクトを成功させる為のベンダーマネジメント戦略において、アウトソーシング化の目的設定は非常に重要です。

 

 

 

一般的にアウトソーシング化の主な目的には、コストの削減や自社スキルの補填、要員体制の柔軟性の確保等が挙げられます。

 

 

 

ただアウトソーシング化の目的がどうであれ、“その目的を達成出来るのか”という事を考え、自社の体制を俯瞰で見て分析するというのがポイントです。

 

 

 

また長期的なスパンで考えて、アウトソーシング化のメリットを具体化する事も大切でしょう。

 

 

プロジェクトが成功するベンダーマネジメント戦略とは?②アウトソーシング化の用途

 

 

アウトソーシング化の用途とは、自社におけるどの部分をアウトソーシング化するのか決定するという事です。どの部分をアウトソーシング化するかについては、自社の強みと弱み、業界を取り巻く環境を総合的に考慮して判断しなければいけません。

 

 

 

そして自社のオンプレミス業務と比較して、どちらが自社の業務により良い影響を及ぼすのかも考えます。

 

 

 

またもしプロジェクトにおけるポートフォリオに変化があれば、アウトソーシング化の計画も修正する必要があります。

 

 

プロジェクトが成功するベンダーマネジメント戦略とは?③委託先の分散について

 

 

特定の委託業者に集中してアウトソーシングを行うのか、業務ごとに最適な委託業者を選び、分散するのかを決定します。

 

 

 

これは自社のベンダーマネジメント戦略において、アウトソーシング化の目的のどこに重点を置いているかによって変わってきます。

 

 

 

例えばアウトソーシング化の主な目的をコストの削減としている場合、委託先を分散させるとベンダーマネジメント戦略に一貫性がなくなります。

 

 

プロジェクトが成功するベンダーマネジメント戦略とは?④部門の体制強化

 

 

ベンダーマネジメントを担当する部門は、技術面での難易度が低いプロジェクト、製品や要求仕様の明確なサービスの購買以外、そう簡単には機能しません。

 

 

 

もし企業においてベンダーマネジメントを一元化して行うのであれば、部門の体制強化が必要不可欠です。

 

 

 

プロジェクト管理の経験があるメンバーで構成し、本来のベンダーマネジメント戦略から逸脱しないような体制を心掛けましょう。

 

 

 

Share
タグ: ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

Windows10に搭載されているセキュリティ、BitLockerはとっても便利!

プロジェクト成功の為のベンダーマネジメント戦略とは?

ベンダーマネジメントのシステムを誤解していませんか?

ベンダーマネジメントインベントリーの仕組みを解説!

FOLLOW US!