FOLLOW US!

システムのクラウド化が企業にもたらす変化とはどんなもの?

クラウド(AWSなど)

 

現在、既に数多くの企業でシステムのクラウド化を実施しています。

 

 

企業の規模や業種を問わず件数が増加しているという事は、クラウド化が確実に企業に良い変化をもたらしているという事が言えます。

 

 

クラウド化が具体的にどんな変化をもたらすのか理解し、適宜取り入れて行く事が企業の力を底上げする事となるでしょう。

 

システムのクラウド化が企業にもたらす変化①コスト全般の削減

 

 

システムのクラウド化が浸透する前は、自社のサーバを利用してシステム運用を行うのが普通でした。
ただ自社のサーバを利用する場合、導入する為の資金とそれを維持する為の資金が必要になります。
また継続的に自社のサーバを利用するという事は、システム管理が出来る十分な技術を持った担当者が必要という事にもなります。

 

 

 

従ってこれまでのシステム運用では、導入と運用の両方でコストが膨らんでしまっていたのです。
システムをクラウド化する事で、まず導入にかかるコストは必要なくなります。
またシステムメンテナンス等を担当する人員も多く揃える必要がなく、運用にかかる人件費も削減出来るのです。

 

 

システムのクラウド化が企業にもたらす変化②利便性の向上

 

 

システムをクラウド化する事によって、システムの利便性が確実に変化します。
クラウドはネット環境さえ整っていれば利用出来るという、最大のメリットを持っている為です。

 

 

 

数十年前のシステム運用と比べると、その差は歴然です。
営業マンは日中外に出ており、企業内で機器を使って作業出来る時間は少ししかありません。
クライアントからの連絡は企業内でしか確認出来ず、双方にデメリットがある環境が続いていました。
今や外出先でも連絡が取れるのは当たり前ですが、システムをクラウド化する事で、外部から可能な業務が飛躍的に増加しています。
業務報告や経費の計上と言った作業も簡単で、もはやオフィスが存在しなくても企業が成り立ってしまいます。

 

 

 

クラウド化はテレワークの規模を拡大させ、働き方のスキームをも大きく変化させているのです。

 

 

システムのクラウド化が企業にもたらす変化③システムに最新の安定感が加わる

 

 

システムのクラウド化は、言い換えれば企業内のデータを社外に預けるという事です。

 

 

 

一見危険性があるように感じますが、決してそんな事はありません。
確かに不安には感じるかも知れませんが、クラウドは情報の管理をしてもらい、様々な脅威から身を守ってもらう事を目的に利用するサービスです。
言わばシステムをクラウド化するという事は、システムにおけるプロに管理を任せるという事になります。
システムをクラウド化する事で、効率的に自社に最新の安定感が加わるという事です。

 

 

 

ただあくまで安全性は100%ではない為、クラウド化する部分が増える事になれば、企業内でもリスクヘッジを意識する事は重要になります。

 

 

まとめ

 

 

クラウド化が具体的にどんな変化をもたらすのかご理解頂けましたでしょうか。

 

 

 

クラウド化が確実に企業に良い変化をもたらしている反面、企業内でもしっかりとリスクヘッジを意識する事も大切です。是非、企業でシステムのクラウド化を検討してみて下さい。

 

 

Share
タグ: ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

知っておくべき新しい用語!FedRAMPというのはどういう意味?

Go言語の特徴・メリット・デメリット

Go言語の特徴やメリット、デメリットを知っておこう

データセンター

クラウドの利用が増える中、データセンターが生き残るには?

マルチクラウド

クラウドサービスを導入する前に!マルチクラウドを考えよう!

コールセンターの女性の笑顔

コールセンターの新しい形!「Amazon Connect」とは?

FOLLOW US!