FOLLOW US!

これからの情報システム部に待ち受けている未来とは?

情報システム

企業にコンピューターが導入され、業務に欠かせないものとなっていく中で、社内に情報システム部を設ける企業も増えていきました。

 

 

しかし、現在はその情報システム部に対して不要ではないか、という意見も聞こえてくるようになりつつあります。

 

 

情報システム部を取り巻く環境の変化と、未来における重要性について考えてみましょう。

 

 

情報システム部を取り巻く環境の変化と未来の姿

 

 

情報システム部というのは、社内におけるIT関連のシステムを担う部署です。社内におけるITインフラを整えるのが、情報システム部の業務となります。

 

 

例えば各部署にLANケーブルを敷設し、パソコンの設置や初期設定、メールアドレスの設定などを行うのも情報システム部の業務です。また、必要なIT機器があれば、それを購入してセッティングするのも情報システム部が行うことになります。

 

 

それ以外にも、社内でパソコンの使い方がわからない人に指導を行い、トラブルが起こった際にはその解決を行う場合もあります。こうした情報システム部は、パソコンが導入されたばかりのころは頼りにされることも多い部署でした。

 

 

しかし、現在はパソコンの使い方を覚えてから入社する人が多く、初期設定なども自分で行える人が増えています。トラブルも自分で解決できる場面が増えてきたため、情報システム部にわざわざお願いする必要性が減ってきたのです。

 

 

情報システム部は直接売り上げに関わる業務ではないので、必要とされることが減ってしまったために不要という話も出てきやすくなってしまいました。今となっては、情報システム部を総務部などと統合している企業も少なくないでしょう。

 

 

この流れは未来に向けてますます加速すると思われるので、情報システム部の未来は不安に満ちているといえるでしょう。

 

 

情報システム部の未来を明るくするには

 

 

情報システム部の業務については、現在アウトソーシングされることも増えています。

 

 

その中で情報システム部の未来を明るいものとしたいのであれば、情報システム部を変えていく必要があるでしょう。

 

 

例えば、テレワークなどを会社に提言した場合、そのテレワークで使用するネットワークの管理は情報システム部が行うこととなるでしょう。また、現在導入が進むIoT技術の導入について意見を出していけば、情報システム部は未来に向けて必要とされやすくなっていきます。

 

 

情報システム部が不要といわれる中でも、情報システム部を重要な部門として扱っている企業は少なくありません。

 

 

そういった企業を見習って、情報システム部のバリューアップに取り組んでいけば、未来に明るい兆しも見えるようになっていくはずです。

 

 

まとめ

 

 

情報システム部に対しては、その業務をアウトソーシングによってコストダウンが可能となっていることから、未来に向けて不要となっていくという意見も聞こえています。

 

 

情報システム部が必要とされる未来を実現するためには、情報システム部が管理する業務を増やしていくことを考えましょう。

 

 

情報システム部の業務を増やしてバリューアップを目指すことで、未来でも必要とされる部署となっていくでしょう。

Share
タグ: ,
お気軽にコメントをどうぞ

関連記事Related Post

情シスはどんなセキュリティスキルを身に付けるべき?

秘密計算

今後必要になるであろう、秘密計算について知っておこう

Windows10・アップデート・WUfB

Windows10のアップデートには、WUfBを活用しよう

コールセンターの女性の笑顔

コールセンターの新しい形!「Amazon Connect」とは?

情シスの基礎知識!情シスに重要な役職であるCISOとは?

FOLLOW US!